インナーチャイルドカードシンデレラを助ける教母

 

インナーチャイルドカード大アルカナの2番は「シンデレラを助ける妖精(困難から救う妖精)」

妖精=フェアリー(fairy)とは、西洋の伝説・物語などに登場する超自然的な存在で、人間と神の中間的な存在の総称です。

妖精(フェアリー)の、人とも神とも違う性格と行動は、「気まぐれ」と形容されることも多いのですが、このインナーチャイルドカードの2番のシンデレラを助ける妖精は、女性の魔法使いで古代神秘主義の神聖な母です。

では早速、カードの意味とこのカードが出てきた時のメッセージをチェックしていきましょう。

Sponsored Links

2. シンデレラを助ける妖精・教母(The Fairy Godmother)の意味

インナーチャイルドカードシンデレラを助ける妖精

妖精とシンデレラについて

妖精(フェアリー・fairy)とは、西洋の伝説や物語などに登場する、人間と神の中間的な超自然的な存在の総称で、ウェールズ地方の妖精は、「母」あるいは「母のいつくしみ」として知られていました。

そして農民たちは、妖精を「教母」や「愛おしい妻」と呼んで、妖精が人を動物や石に変えることや元の姿に戻すことができると考えていました。

そしてシンデレラで使われた魔法はこの種類のもので、夜中の12時に魔法が解けるまでの間、動物たちは人間の姿をした助言者に変えられていたのです。

シンデレラの原作では、シンデレラの実母のお墓に植えられていた枝が成長したハシバミの木がシンデレラにとっての復活した母親であり、助言者でもありました。

原作者のグリム兄弟によると、そのハシバミの枝の伝説は「神の母」がキリストの子供に食べ物を与えるために、森にいちごを摘みにいく様子が伝えられています。

ちなみにハシバミの木はこちら。

ハシバミの木は、カバノキ科ハシバミ属の落葉低木で、ヘーゼルナッツはこのハシバミの木の果実です。

ハシバミの木

引用:ウィキペディア

シンデレラを助ける妖精がリーディングに現れる時

シンデレラを助ける妖精がリーディングに現れる時は、あなたのハイヤーセルフが答えを知っているよ、というメッセージです。

つまり、自分が感じることや直感を信じなさいというメッセージ。

まずは金粉が降り注がれて、メッセージを送るよ、と云う合図の後に、右手に持った鍵が落とされます。

それは、困難を突破するための扉の鍵。

外側に答えを求めるのではなく、あなたの直感に耳を傾けてください。

その答えは、確認の持てるものではなく、「なんとなく」とか、ぼんやりしたものかもしれませんが、そのことを信じて信念を育てていきましょう。

信念を獲得するにつれ、あなたの知恵となり、それが魔法のような奇跡をもたらすことへとつながっていきます。

また、このカードの数字の『2』は、肉体と精神の領域のバランスを意味し、内側と外側の道のバランスもあらわします。

シンデレラの物語だけではなく、オズの魔法使いにも登場する窮地を救う妖精は、困った時、危機的状況のときに現れます。

Sponsored Links

そしてこの窮地を救う妖精は、魂の仕事を成し遂げるために忍耐の必要性があることと、それ自体が旅の前進であることを思い出させてくれます。

具体的にこのカードをひく時は、努力が報われる前兆として引くことが多いです。

やり続けたことに、なかなか成果や結果が見えなくて、不安になっているときにこのカードが出ると努力が報われる前兆と捉えています。

だこれは、棚ぼた的なものではなく、自分を信じてやり続けた結果の先にあります。

キーワード

  • 純粋(女性性)
  • 神秘
  • 瞑想
  • 聡明さ
  • 秘教の知恵
  • メッセージ

通常のタロットカード

●女教皇(The High Priestess)

ライダーウェイト版

ライダーウェイト版でもマルセイユ版でも女教皇が持っている書物は知恵の書、つまりアカシックにつながる書物とも言われています。

ライダーウエイト版の女教皇は、しっかりとこちらを見ています。

何を伝えようとしているのか、ハイヤーセルフ代わりの女教皇に訪ねてみるのも良いですね。

マルセイユタロット版

マルセイユ版の女教皇は、知らん顔しているような冷たい表情ですが、知恵の書をわざとみえるような角度で開いてくれています。

あなただけに理解できる、特別なページです。

タロットカードとインナーチャイルドカードの違い

斎王(女教皇)は、智慧と冷静を持った女性の象徴で、母に例えられます。 この母というのは、子供にとっては絶対的に安心と信頼できる存在で、「母なる大地」という言葉からは、全てを受け入れ受容してくれる懐の深さと愛情の深さを連想することができます。 インナーチャイルドカードの2番は、これを妖精で表すことにより、タロットが示す斎王(女教皇)よりも、もっと身近で親しみやすい存在として軽く表現しています。

まとめ

ここでは、インナーチャイルドカード大アルカナの2番は「シンデレラを助ける妖精(困難から救う妖精)」について解説しています。

困難を突破するための鍵が渡される前触れです。

ただ、たくさん並んでいるドアがあるとするならば、そのドアがどれなのかを知っているのはあなただけ。

他人に教えられたドアに、その鍵を入れても残念ながドアは開かないのです。

自分の直感をとことん信じてみてください!

ここで解説しているインナーチャイルドカードはアマゾンや楽天市場で購入可能です。

 

⇒ アマゾンで購入

⇒ Yahooショッピングで購入

 


人気ブログランキンに参加しています。応援いただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

 

Sponsored Links
関連ピックアップコンテンツ
コメントを残す

CAPTCHA